パティシエに必須の製菓衛生士|国家資格を取得して夢実現

スイーツ

基礎から寿司を学ぶ学校

寿司

和食が世界無形遺産に登録されたことにより、寿司の人気は不動のものとなりました。海外での認知度も高くて、寿司職人を目指す人も急増しています。そのため、最近は寿司職人養成学校が注目を浴びています。

Read More

自分のカフェを持つために

カフェの店員

日本でもコーヒーが好きな人は多くいて、コーヒー好きが講じて、自分のカフェを持つことが夢の人もいるでしょう。働きながら勉強するためには、カフェスクールに通う方が良いでしょう。自分の夢実現のための第一歩になるはずです。

Read More

国家試験に合格するために

職人とお菓子

自分の将来の夢を叶えるために、努力をしないといけません。将来目指す職業によっては、資格が必要になるケースもあります。実務経験も非常に重要ですが、まずは資格を取得しないとスタート地点にも立つことが出来ないかもしれません。夢を叶えるためにもしっかり勉強して資格を取得しましょう。
もし夢がパティシエの場合は、国家資格を取得しないといけません。製菓衛生師、貸し製造技能士検定、食品衛生責任者などの資格を取得することがパティシエになって、自分の店をオープンする条件です。中でも多くのパティシエが所有しているのが、製菓衛生師という国家資格です。国家資格のため、非常に取得するのが難しいのですが、一般的な食の知識を持っていると判断されるので重宝する資格です。

製菓衛生師は、スイーツの基本的知識や調理器具の情報、そしてキッチンの衛生学や食品添加物などの食の安全に関する幅広い知識を求められます。そのため独立する人は持っていた方が良く、最近では食品衛生責任者と同等の資格に位置付けられています。将来的に自分の店を持ちたい人や店長を目指している人は取得することをおすすめします。

しかし、幅広い試験内容で6科目もあるので独学で合格するのは大変です。全国の合格率も60%前後になっていて、さらに実務経験も必要になります。そのため確実に合格するためには、製菓衛生士の資格取得の専門学校で集中的に勉強しましょう。専門学校では、同じ目標を持つ仲間に出会えるので、自分のモチベーションも上がるはずです。

現役パティシエが講師

パソコン

スイーツが好きな人は多くいて、自分も将来はパティシエになってお客さんに美味しいスイーツを提供したいと考えている人は、製菓コースのある高校に進学しましょう。製菓コースの講師は100%現役のパティシエなので、知識だけでなくスキルも身につきます。

Read More